ベネチア国際映画祭

金獅子賞
















  • 第10回(1949)
    情婦マノン
    (アンリ=ジョルジュ・クルーゾー)
  • 第9回(1948)
    ハムレット
    (ローレンス・オリヴィエ)
  • 第8回(1947)
    SIRENA
    (カレル・シュテクリー)
  • 第7回(1939)
    該当なし
  • 第6回(1938)
    民族の祭典/美の祭典(オリンピア)
    (レニ・リーフェンシュタール)
  • 第5回(1937)
    舞踏会の手帖
    (ジュリアン・ディヴィヴィエ)
  • 第4回(1936)
    Der Kaiser Vor Kalifornien
    (ルイズ・トレンカー)
  • 第3回(1935)
    アンナ・カレニナ
    (クラレンス・ブラウン)
  • 第2回(1934)
    ドン・ファン
    (アレクサンダー・コルダ)
    アラン
    (ロバート・フラハティ)
  • 第1回(1932)
    自由を我等に
    (ルネ・クレール)
    マデロンの悲劇
    (エドガー・セルウィン)
    ジキル博士とハイド氏
    (ルーベン・マムーリアン)