ヨーロッパ映画賞

最優秀作品賞


  • 第33回(2020)
    アナザーラウンド
    (トマス・ヴィンターベア
  • 第32回(2019)
    女王陛下のお気に入り
    ヨルゴス・ランティモス
  • 第31回(2018)
    COLD WAR あの歌、2つの心
    (パヴェウ・パヴリコフスキ)


  • 第30回(2017)
    ザ・スクエア 思いやりの聖域
    (リューベン・オストルンド)
  • 第29回(2016)
    ありがとう、トニ・エルドマン
    (マーレン・アーデ)
  • 第28回(2015)
    グランドフィナーレ
    (パオロ・ソレンティーノ)
  • 第27回(2014)
    イーダ
    (ハヴェウ・パヴリコフスキ)
  • 第26回(2013)
    グレート・ビューティー/追憶のローマ
    (パオロ・ソレンティーノ)
  • 第25回(2012)
    愛、アムール
    (ミヒャエル・ハネケ)
  • 第24回(2011)
    メランコリア
    (ラース・フォン・トリアー)
  • 第23回(2010)
    ゴーストライター
    (ロマン・ポランスキー)
  • 第22回(2009)
    白いリボン
    (ミヒャエル・ハネケ)
  • 第21回(2008)
    ゴモラ
    (マッテオ・ガローネ)


  • 第20回(2007)
    4ヶ月、3週と2日
    (クリスティアン・ムンジウ)
  • 第19回(2006)
    善き人のためのソナタ
    (フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク)
  • 第18回(2005)
    隠された記憶
    (ミヒャエル・ハネケ)
  • 第17回(2004)
    愛より強く
    (ファティ・アキン)
  • 第16回(2003)
    グッバイ、レーニン!
    (ヴォルフガング・ベッカー)
  • 第15回(2002)
    トーク・トゥ・ハー
    (ペドロ・アルモドバル)
  • 第14回(2001)
    アメリ
    (ジャン=ピエール・ジュネ)
  • 第13回(2000)
    ダンサー・イン・ザ・ダーク
    (ラース・フォン・トリアー)
  • 第12回(1999)
    オール・アバウト・マイ・マザー
    (ペドロ・アルモドバル)
  • 第11回(1998)
    ライフ・イズ・ビューティフル
    (ロベルト・ベニーニ)


  • 第10回(1997)
    フル・モンティ
    (ピーター・カッタネオ)
  • 第9回(1996)
    奇跡の海
    (ラース・フォン・トリアー)
  • 第8回(1995)
    大地と自由
    (ケン・ローチ)
  • 第7回(1994)
    Lamerica
    (ジャンニ・アメリオ)
  • 第6回(1993)
    ウルガ
    (ニキータ・ミハルコフ)
  • 第5回(1992)
    小さな旅人
    (ジャンニ・アメリオ)
  • 第4回(1991)
    リフ・ラフ
    (ケン・ローチ)
  • 第3回(1990)
    宣告
    (ジャンニ・アメリオ)
  • 第2回(1989)
    霧の中の風景
    (テオ・アンゲロプロス)
  • 第1回(1988)
    殺人に関する短いフィルム
    (クシシュトフ・キェシロフスキ)