第92回キネマ旬報ベストテン(2018)


洋画ベストテン

  • 第1位  スリー・ビルボード
    (マーティン・マクドナー)
  • 第2位  ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
    (スティーヴン・スピルバーグ)
  • 第3位  シェイプ・オブ・ウォーター
    (ギレルモ・デル・トロ)
  • 第4位  ファントム・スレッド
    (ポール・トーマス・アンダーソン)
  • 第5位  ボヘミアン・ラプソディ
    (ブライアン・シンガー)
  • 第6位  15時17分、パリ行き
    (クリント・イーストウッド)
  • 第7位  顔たち、ところどころ
    (アニエス・ヴァルダ)
  • 第8位  1987、ある闘いの真実
    (チャン・ジュナン)
  • 第9位  ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ
    (フレデリック・ワイズマン)
  • 第10位  判決、ふたつの希望
    (ジアド・ドゥエイリ)

邦画ベストテン

  • 第1位  万引き家族
    (是枝裕和)
  • 第2位  菊とギロチン
    (瀬々敬久)
  • 第3位  きみの鳥はうたえる
    (三宅唱)
  • 第4位  寝ても覚めても
    (濱口竜介)
  • 第5位  虎狼の血
    (白石一彌)
  • 第6位  鈴木家の嘘
    (野尻克己)
  • 第7位  斬、
    (塚本晋也)
  • 第8位  友罪
    (瀬々敬久)
  • 第9位  日々是好日
    (大森立嗣)
  • 第10位  教誨師
    (佐向大)