第13回キネマ旬報ベストテン(1936)


洋画ベストテン

  • 第1位  ミモザ館
    (ジャック・フェデー)
  • 第2位  幽霊西へ行く
    (ルネ・クレール)
  • 第3位  オペラ・ハット
    (フランク・キャプラ)
  • 第4位  白き処女地
    (ジュリアン・デュヴィヴィエ)
  • 第5位  地の果てを行く
    (ジュリアン・デュヴィヴィエ)
  • 第6位  罪と罰
    (ピエール・シュナール)
  • 第7位  科学者の道
    (ウィリアム・ディターレ)
  • 第8位  上から下まで
    (G・W・パプスト)
  • 第9位  人生は四十二から
    (レオ・マッケリー)
  • 第10位  ドン・ファン
    (アレグザンダー・コルダ)

邦画ベストテン

  • 第1位  祇園の姉妹
    (溝口健二)
  • 第2位  人生劇場(青春篇)
    (内田吐夢)
  • 第3位  浪華悲歌
    (溝口健二)
  • 第4位  一人息子
    (小津安二郎)
  • 第5位  赤西蠣太
    (伊丹万作)
  • 第6位  家族会議
    (島津保次郎)
  • 第7位  兄いもうと
    (木村荘十二)
  • 第8位  彦六大いに笑ふ
    (木村荘十二)
  • 第9位  情熱の詩人啄木(ふるさと篇)
    (熊谷久虎)
  • 第10位  秘境熱河
    (芥川光蔵)