第22回キネマ旬報ベストテン(1948)


洋画ベストテン

  • 第1位  ヘンリイ五世
    (ローレンス・オリヴィエ)
  • 第2位  我等の生涯の最良の年
    (ウィリアム・ワイラー)
  • 第3位  逢びき
    (デヴィツド・リーン)
  • 第4位  海の牙
    (ルネ・クレマン)
  • 第5位  旅路の果て
    (ジュリアン・デュヴィヴィエ)
  • 第6位  美女と野獣
    (ジャン・コクトー)
  • 第7位  悪魔が夜来る
    (マルセル・カルネ)
  • 第8位  失われた週末
    (ビリー・ワイルダー)
  • 第9位  オヴァランダース
    (ハリー・ワット)
  • 第10位  悲恋
    (ジャン・ドラノワ)

邦画ベストテン

  • 第1位  酔いどれ天使
    (黒沢明)
  • 第2位  手をつなぐ子等
    (稲垣浩)
  • 第3位  夜の女たち
    (溝口健二)
  • 第4位  蜂の巣の子供達
    (清水宏)
  • 第5位  わが生涯のかがやける日
    (吉村公三郎)
  • 第6位  破戒
    (木下惠介)
  • 第7位  風の中の牝鶏
    (小津安二郎)
  • 第8位  王将
    (伊藤大輔)
  • 第9位  生きている画像
    (千葉泰樹)
  • 第10位  第二の人生
    (関川秀雄)