第26回キネマ旬報ベストテン(1952)


洋画ベストテン

  • 第1位  チャップリンの殺人狂時代
    (チャールズ・チャップリン)
  • 第2位  第三の男
    (キャロル・リード)
  • 第3位  天井桟敷の人々
    (マルセル・カルネ)
  • 第4位  
    (ジャン・ルノワール)
  • 第5位  ミラノの奇蹟
    (ヴィットリオ・デ・シーカ)
  • 第6位  令嬢ジュリー
    (アルフ・シェーベルイ)
  • 第7位  セールスマンの死
    (ラズロ・ベネデク)
  • 第8位  肉体の悪魔
    (クロード・オータン・ララ)
  • 第9位  巴里の空の下セーヌは流れる
    (ジュリアン・デュヴィヴィエ)
  • 第10位  陽のあたる場所
    (ジョージ・スティーブンス)

邦画ベストテン

  • 第1位  生きる
    (黒沢明)
  • 第2位  稲妻
    (成瀬巳喜男)
  • 第3位  本日休診
    (渋谷実)
  • 第4位  現代人
    (渋谷実)
  • 第4位  カルメン純情す
    (木下惠介)
  • 第6位  真空地帯
    (山本薩夫)
  • 第7位  おかあさん
    (成瀬巳喜男)
  • 第8位  山びこ学校
    (今井正)
  • 第9位  西鶴一代女
    (溝口健二)
  • 第10位  慟哭
    (佐分利信)